SBI証券の謎 三井住友カード仲介口座(Vポイントが貯まるコース)とインターネットコースの違い

マネーイメージ 投資

SBI証券で、PontaポイントやTポイントを貯めたいのに、登録が出来ない!ってなったことはありませんか?

はい、私はなりました。

ネットで調べようにも、お客様情報設定のポイント連携から変更できるとしか見つからず・・・

直接SBI証券のカスタマーに問い合わせてみました。

実際にSBI証券のカスタマーに問い合わせてみました。

その際にとても明確な答えが返ってきたので、同じ疑問を抱いている方に読んでいただければと思います。

それでは問い合わせた内容を順に記載していきますね!

PontaポイントやTポイントの登録ができません。なにか設定が必要なのでしょうか

回答:

口座状況を確認いたしましたところ、現在のメインポイントがVポイントとなっております。

メインポイントをVポイントでご登録される際に、Vポイントがたまるコース(三井住友カード仲介口座)へご変更いただいていると存じます。
Vポイントがたまるコース(三井住友カード仲介口座)では、Pontaポイントや、Tポイント、dポイントは設定できかねます。

メインポイントをVポイント以外で設定されたい場合は、「Vポイントが貯まるコース」から「インターネットコース」へ変更が必要です。

変更手続きにつきましては、お電話での手続きとなります。

インターネットコースへのご変更が完了後にPontaポイントやTポイントの設定をお願いいたします。

なるほど!

改めて三井住友カードのサイトを見てみると・・・

三井住友カードキャンペーンページ

赤い文字で書いてありますね。キャンペーンページに申込むにはここを経由しなければならないと思って、Vポイントが貯まるコースに変更していたんですね。

申込む際によく見ておくべきなのでしょうが、登録に必死で気づいていませんでしたね・・・

Tポイント・Pontaポイント・Dポイントは気軽に変更できるけど、Vポイントにしてしまうとコースまで変わってしまう。

インターネットコースに戻す際は、電話が必要とのことです。

さて、最大の疑問が消えました。

せっかくなのでそれに付随する疑問も聞いてみました。

「インターネットコース」ではVポイントを貯めることは出来ないのでしょうか。

回答:
インターネットコースの場合でも、積立投信(つみたてNISA)のクレジット決済金額に応じて付与されるポイントは「Vポイント」となります。

しかしながら、投信マイレージによる付与ポイントは「Tポイント」「dポイント」「Pontaポイント」のうち、お客様がメインポイントとして選択されたポイントが付与されることとなります。

三井住友カードのクレカ積立は「インターネットコース」では出来ないのでしょうか

回答:
三井住友カードによるクレジット決済は、インターネットコースならびに三井住友カード仲介コースのいずれでもご利用いただけます。

「インターネットコース」と「三井住友カード仲介口座」では投信マイレージのポイント付与数は変わるのでしょうか。

回答:
投信マイレージによるポイント付与率は、インターネットコースならびに三井住友カード仲介コースのいずれにおいても同率となります。

また、投信マイレージによる付与ポイントは、インターネットコースの場合「Tポイント」「dポイント」「Pontaポイント」のいずれか、三井住友カード仲介コースの場合は「Vポイント」となります。

なるほど、わかりやすい!

スッキリしました。

三井住友カードで積立投資をしながら、Pontaポイントをもらうということも出来そうです!

ただし、クレカ積立時の付与ポイントはVポイント、維持している時にもらえる投信マイレージはPontaポイントと、別々のポイントがたまってしまいます。

Vポイントはクレカ積立の充当にも使えるし、Pontaポイントは現金化ができるのでどのように設定するのか悩ましいですね。

クレカ積立=絶対にVポイントじゃなくてもいいとわかったので、みなさんが貯めているポイントが貯まるコースに変更してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました