マンション購入進捗状況4 書類が大量に送られてきました!入居まであと3ヶ月弱

沖縄マンション マンション購入談

はいさい。

前回銀行で優遇金利のお話をして以来、ひと月近くが経ちました。
受渡しまであと3ヶ月弱なのに、ひと月の間何も動きがなくちょっと不安でした。

動きといえばエアコンを買いに行ったくらいです。
8月末入居だし、いつ買おうかなってのんびり構えていました。
しかしとあるニュースをみて急変!
今年は半導体不足でエアコン品薄になるとのニュースです。
次の休みの日に勢いで買ってました。
電気屋さんも8月末の取付でOKくれたのがありがたいですね!
8月にもし買えなかったら、沖縄では生きていけません。11月まで夏です!

さて、そんなこんなで過ごしていたら突然パンパンになったレターパックライトが届きました。
ポストから出すのに苦労するくらい膨れ上がった書類達・・・笑

ちょっとワクワクしならが開けてみたら、やっぱりマンションの手続き関連でした。
入居までのスケジュールや、提出書類等です。

まとめて来てしまうと、どれが何に必要なのか分かりづらいですね。
一つずつ見て行こうと思います。
これからマンション買おうとされている方も、どんな書類のやり取りがあるのか参考にしてみてください。

入居スケジュールのご案内

その名の通りの冊子です。

内覧会の日程や、入居開始日も記載があります!
ようやく詳細な日程が分かりひと安心です。

それぞれの書類の提出期限などについても書かれています。

またQRコードの記載もあり、読み込んでパスワードを入れると動画での案内もありました。
結構な動画数で一気に見る気力は沸かないですね・・・
少しづつ見ていこうと思います。

提出書類

不動産会社に提出用

不動産会社に通知する書類です。
およそ入居2ヶ月前までの期限が儲けられていました。

忘れないうちに早めに返送しておきましょう。

入居手続き確認書

主に入居にあたっての確認事項です。
下記の内容の記入欄がありました。

1.出欠アンケート

内覧会や、引渡し会の希望日のアンケートです。
すでに割振られていましたが、変更希望があれば記入します。

2.表札の確認

表札プレートに取り付ける「表札シール」を作成していただけるとのことでした。
希望の有無と、記載の文字を記入します。

最近では表札を付けない方も増えてきているようですね。
メリットデメリットそれぞれあるので検討が必要です。
もちろんご自身で表札用するって方法もあります。

3.預り金精算書郵送先の確認

引渡の約2ヶ月後に送られる、登記費用等預り金精算書と領収書等の郵送先の確認です。

4.預り金精算余剰金の振込口座の確認

登記費用などの精算で余剰金が出た場合の振込先を記入します。

5.購入されたマンションへの入居に関する確認

入居するのか・賃貸にするのか、セカンドハウスなのかなどの確認と、引渡以降の書類の送り先の確認です。

電力提供サービス利用申込書

今回購入したマンションは、電力会社で業務用電力をまとめ買いしたものを提供される、という契約になるとのこと。
個人で沖縄電力などと契約するより5~10%安くなるようです。

これは変更できないようなので、当マンションでは申込が必須でした。
電力自由化の恩恵が受けれない・・・割引はされるようだけど。
引落先をクレジットカードに出来そうなのが幸いでした。

管理会社に提出用

管理会社に提出する書類です。
管理費の振替口座や連絡先など管理会社側に伝えておくべき事項ですね。
こちらもおよそ入居2ヶ月前の期限です。

預金口座振替依頼書

管理費等の口座振替先を記入します。
クレジットカードで払いたい・・・
問い合わせてみましたがこちらの管理会社では出来ませんでした。

入居者名簿(緊急連絡先届出書)

入居者の名簿を記載です。
世帯主や同居者、緊急連絡先を記入します。

通知受領場所届

管理組合の総会の通知受取場所を記入します。

総会がなにをするのか未だピンときませんが、管理組合の方針を決める会議とのこと。
具体的には、管理組合の予算決議や大規模修繕計画の策定などが該当するようです。

ペット飼育申請書

ペットを飼われる方は申請が必要です。

サイズや種類などが細かく決められています。

引越とりまとめ会社に提出用

新築マンションでは引越が短期間に集中するので、引越スケジュールの調整が行われます。
今回の購入マンションではサカイ引越センターがスケジュール調整するようです。
こちらも入居のおよそ2ヶ月前が提出期限でした。

引越希望日の申請

Webから申し込みです。
希望日を3日入力できました。
一緒にサカイの見積りの申込み完了です。

期限までに申請しなかった方は、開いている時間帯しか選べなくなる可能性ありそうですね。
忘れずに申請しましょう。

司法書士への提出用

不動産登記

登記申請を司法書士に依頼するのに必要な書類です。
司法書士に支払う手数料の記載がなく、問い合わせました。
まだ詳細が決まっていないとのこと。
決まってない状態で依頼しなきゃだめなんでしょうか。

入居のひと月前くらいまでに提出なので、再度確認してみます。

ネット上で調べてみるとご自身で申請されるかたもいらっしゃるようです。
手間と時間がかかるようなので、働かれている方には難しいのかもしれません・・・

登記依頼書

司法書士への依頼書です。

委任状

委任状です。

申立書

中身をみてもよくわからなかったので調べてみました。

新築の場合など、実務上住民票を移せない場合、役所に「申立書」と「現住居の処分方法の根拠資料(例えば、現住所の賃貸借契約書や売買契約書、社宅証明書など)」を提出し住民票を移動できない旨を説明することで、住宅用家屋証明書が発行できるようです。

住宅用家屋証明書とは登記費用(登録免許税)を安くするために必要な書類とのこと。

なるほど、わかったようで分かっていないかもしれません・・・

提出書類は、移転後の住民票抄本と住所移転後の印鑑証明書が必要です。
司法書士への提出はもう少し猶予があるので、いずれ詳しく調べてみようと思います。

その他資料

火災保険の案内

不動産会社系列の火災保険の案内が入っていました。
おおよその金額も書かれていないので、直接電話するしかないのでしょうか。

火災保険も相場がわからないですね。
ひとまず見積をとっておきましょう。



フレッツ光・コラボ光の案内

NTTの光回線の案内です。
管理費にインターネット費用が含まれているのに、わざわざ別料金でフレッツを申込んじゃう人が出てきそうですね。
マンションに引かれている回線がNTTだと思うので、そんなに速度変わらない気が・・・

まとめ

パンパンのレターパックを開封した時は、どれがなんの資料なのかわからずウンザリしました。笑

一つ一つ見てみたらそんなに難しくないですね。

おちついて期限まで順に返送していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました