沖縄のローカルスーパー情報

スーパーイメージ 沖縄情報

沖縄のローカルスーパーってどのようなものがあるか、皆さん知っていますか?

もちろん内地にもある、イオンやマックスバリューもあります。

逆に他の内地系列のスーパーが無いことに驚きですね。

※沖縄では沖縄以外の他府県のことを内地といいます。

沖縄県内にある有名なローカルスーパーはというと。

サンエー、かねひで、りうぼう、ユニオンの4つになります。

それぞれの特徴を、私個人の視点で紹介していきますね。

サンエー

県内最大規模を誇るローカルスーパーです。
小売店舗は72店舗もあります。

食料品だけを取り扱う小規模なスーパーから、衣料品や専門店も入ったショッピング施設まであります。

レストランやファミレス、なぜか大阪王将までサンエーが運営している!

内地の大阪王将とはメニューが異なり、ファミレス風な中華屋になっているという謎。なので内地の大阪王将より若干高めな気がします・・・

2019年には浦添市に「PARCO CITY」という大商業施設ができました。

県内企業のサンエーと、本土を中心にファッションビルを展開するパルコとの合弁会社株式会社サンエーパルコによって運営されるショッピングモールです。

このおかげで、沖縄で服をどこで買うかという悩みから少しだけ開放されました。

さて、スーパーの特徴ですが、品揃えや品質は非常に良いです。

ただし値段はほんの少しだけ高めかなという感じ。

大規模店の店内はとにかく広く、他店に無いような調味料などもたいていはそろいます。

あと、成城石井の商品が一部取り扱いがあるのも、他のローカルスーパーにはない特徴ですね。

サンエーで利用できる支払い方法は

バーコード決済、クレジット、電子マネーが一通り使えます。

ポイントサービス

さらにサンエーにはポイントカードがあり、バーコード決済・クレジット決済でもポイントがつくというお得なサービス!
サンエーでのお買上200円(税抜)ごとに1ポイント加算されます。

私は最近ようやくサンエーポイントカードをつくりました。

なぜならカードの柄がおばちゃんにしか持てないような柄だったため、いままで作るのをためらっていました。
もうちょっと幅広い年齢層に受け入れられるデザインを・・・

サンエーEdyカード

あと、支払いはスマホでバーコード決済なのに、ポイントカードのためにわざわざ財布を出すのがめんどうというのもありました。

しかしそれらの悩みを解決するすばらしいものができたんです。

スマホアプリが!

これであのデザインのカードを持ち歩くこと無くポイントがゲットできます。

ローソンとサンエーは業務提携しているので、サンエーではローソンセレクトが買えます。

※楽天Payを使っている方に注意があります。なんとサンエーと次に記載のかねひででは楽天Pay支払い時の1%のポイントが付与されないようです・・・

かねひで

かねひでは地元の方の生活に密着した品揃えが特徴。
かねひでは店舗数61あります。

価格が比較的安めで、よりローカルな雰囲気のスーパーです。
米国米なども売っていて、安いものならいろいろ取り扱っているって感じ。

店内もそこまで広いわけではなく、普段使いしやすいですね。



最近、すべての店舗(小型店以外)の店舗名を「〇〇市場」と変更し、看板を一新しました。

以前と比べて明るい感じになったので、ないちゃーでも入りやすくなりました。笑

※ないちゃーとは内地の人、県外の人

かねひででの支払い方法は

かねひでも主要なキャッシュレス決済に対応しています。
クレジットカード、電子マネー、QRコードと大抵の支払いが可能。

貯まるポイントは

楽天ポイントが貯まります。
ポイントに関して言えばサンエーよりかねひでの方が使い勝手があります。

沖縄に越して来た頃は、沖縄で貯めることのできるポイントはTポイントのみ!使える電子マネーはEdyのみ!
ってお店がほとんどだったのに、だいぶ変わりましたね。

ちなみに沖縄のセブンイレブンは金秀グルーブが運営しています。

ですので沖縄のセブンイレブンの弁当類は金秀の工場で作られていることが多いです。

ロゴの色あいもセブンイレブンとそっくりなのは意識してなのでしょうか。

りうぼう

スーパーのりうぼうは12店舗あります。

県内のスーパーでは高級志向ですね。
食材も、お惣菜類も他のスーパーよりちょっといいものです。

お値段もそれなりにいいお値段になりますが、豪華なのでテンションあがります。

デパ地下とスーパーの間くらいの質感でしょうか。

県内唯一のデパートもリウボウグループです。

店舗は南部に多く店舗数自体も少ないので、私は利用機会があまりないのが残念です。

決済方法は

りうぼうももちろんキャッシュレス決済には対応していますが、主要な決済でも一部使えない物があるので注意です。
AMEXカードやQUICPay、iDなど使えません。

貯まるポイントは

ポイントはTポイントを貯めることができます。

はい、上2つのスーパーがコンビニと提携していました。

残る3大コンビニの一つは・・・

そうです、沖縄ファミリーマートの親会社がリウボウグループなのです。

ユニオン

24時間営業のスーパー

TV CMの歌が耳に残ります。

価格はローカルスーパーの中でも特に低めです。

お惣菜はシンプルなものが多いイメージです。笑

品揃えもしっかりあるので、夜中に買い物する必要があるときは重宝します。

キャッシュレス決済は、ユニオン独自のユニカードが使えます。

タイトルとURLをコピーしました