沖縄の虫対策!家の中や車に出現する、奴らとの戦い!

虫除け 沖縄情報

はいさい

今日は沖縄に住んだら絶対に避けて通れない、奴らとの戦いをお伝えします。

高温多湿の環境はやはり虫たちにとっては楽園。

一匹一匹がデカいです!

デカいのだけじゃなくて、カビなんかを餌にして繁殖していく小さい虫もいます。

沖縄に移住したいけど虫は苦手!って方は戦い方を参考にしてください。

定番のGから

Gは夏場のこの時期になると道端でもよく見かけます。
マンションのエントランスにも歩いていたりと、突然目の前に現れると心臓に悪い!

まぁ外を歩いているやつはどうしようもないので、今回対策したいのは車!

意外なことに、家の中には出たことはないのです。
でも夏になると車によく出没するんです・・・

車内にはいないようですが、フロントガラスや屋根をよく歩いている姿が・・・
これはかなりの恐怖!車内に入ってきたらと思うと、怖くてなかなか車から降りれません。

炎天下に車を置いておいたら死滅するとのことですが、なんと筆者は屋根付き駐車場で昼に車に乗るのは休みの日のみ。
どうやら絶好の住処にされている様子・・・

そこで、休みの日の炎天下大作戦と併用して、次世代型と噂のスプレータイプも使ってみました。

その名も「ゴキブリムエンダー」!強そうです。

ゴキブリムエンダー

車内で2プッシュして、放置。
もし車内に入り込んできたとしても、これで倒せるはず!

車内でくん煙タイプも炊けないしどうしようって思っていたので、手軽にシュッで終わるこのアイテムはまさにうってつけでした。
室内使っても人には無害らしく、布団や電気製品をカバーしてまでくん煙タイプを使う必要もありません。

車に撒いたついでに、部屋にも数プッシュしました。

筆者はもうすこしで引越しなので、もしGを新居に連れて行ってしまったらと夜も眠れませんでした。
ゴキブリムエンダーで思いがけず手軽に対策完了!

効果ですが、そもそも家に出没したことがなかったのでなんともいえませんが、予防にもなると思うと安心感が違う。
蚊やハエなどの他の虫対策にもなるので、これはリピ確定ですね。

アースからも同様の商品が出ているので、次はこちらも試してみようと思います。

コバエのようだけどちょっと違う、小さくて茶色い飛ぶ虫

こちらも夏場に、ちょっと気を抜くと出没するやつです。

シバンムシと言う名前のようです。

乾燥食品や、本・革・木材などなんでも餌にしてしまうようで、ほんとに気を抜いたら出没します。
人体には無害らしいのですが、やはり気持ち悪いですよね。

残念ながら、先程のゴキブリムエンダーや蚊取り線香などのピレスロイド系は効かないようです。
発生源を特定して駆除するしかありません。

でも安心してください!
なんと第四世代駆除剤ってのがあるそうです。
ピレスロイド系が効かない虫にも効果があるとのこと。

説明書どおりに、部屋の4隅にプシュ!
生息していそうな隙間にもプシュ!

マツキヨで3,000円ほどとちょいお高めですが、これだけで予防できるなら安いもんです。

そのなも「ゼロデナイト」!

虫嫌いな筆者には必需品となりそう。

ゼロデナイト

ただし駆除できる虫の一覧にGがない・・・
効果がある虫と効かない虫があるようで、ピレスロイド系は今まで通り買う必要がありますね。

よく見ないと分からない、白くて小さい虫

こちらはチャタテムシといいます。

高温多湿となると出没します。

古い本や紙などをじーっと見ていると、歩いていたりします。
革靴に発生したカビなんかにも生息していたりします。

チャタテムシの主なエサは、カビです!

この虫は人体には影響はないものの、どんな家にも発生するようで厄介ですね。

こちらもピレスロイド系は効きません。

先程のゼロデナイトの有効な虫一覧に、チャタテムシの名前があり一石二鳥で対策できます。

ゼロデナイトは即効性はなさそうですが、殺虫効果が長い期間持続するのが売りの殺虫剤です。
これで遭遇することが少しでも減れば・・・

ゼロデナイトは一度にいろんな虫対策になるのがいいですね!

ゴキブリムエンダーと併用すれば、部屋に出る害虫をほぼほぼコンプリートできます!

結論

沖縄は高温多湿という土地柄、虫は避けて通れない生き物です。

沖縄に住む以上、ある程度の遭遇は我慢するしかないです。

少しでも見たくないなら、毎日除湿をしっかりすることと、晴れの日は陽の光を入れて換気すること!

あとは日々の掃除で、餌になるようなものやホコリなどを除去し続け、生息しにくい環境を作ることです。

こういうときはルンバが便利ですよね。

引っ越したら絶対に買おうと思っています。

タイトルとURLをコピーしました