沖縄からANA特典航空券を使って海外へ

チェックインカウンター ポイ活、お得

はいさい

みなさんそろそろ海外旅行に行き始めている方、増え始めているんじゃないでしょうか。

早く私も海外に行きたいので、ここ最近ANAの特典航空券を検索していました。
そこで始めて知ったのですが、那覇⇔成田便がなくなっているじゃないですか!
これは沖縄県民にとってはかなり死活問題です。
成田行が無い地域にお住まいの方も同じ問題に直面しているかと思います。

今後那覇⇔成田便が復活してくれることを祈りつつ、沖縄から特典航空券を使う場合の現状をまとめてみました。

例えばニューヨーク便

マンハッタン

2022/05現在、特典航空券で交換できるのは下記2本しかありません。

10:20 東京(羽田)発 → ニューヨーク(JFK)着
16:40 東京(成田)発 → ニューヨーク(JFK)着

この2便を利用するとなると、沖縄からニューヨークに行くのは下記の3択となります。

1.羽田発にすると那覇からの当日乗継ぎは間に合わないので、羽田で前後泊する。
2.那覇⇔成田便がないため国内線乗継ぎは羽田でチケットを取って羽田→成田の移動する
3.他航空会社で那覇→成田を別料金で予約する

せっかく特典航空券で国内乗継は無料になるのに、別料金を払うのはなんだか悔しい!
かといって、前後泊もそんなに仕事休めないし、結局宿泊費増えるし。
羽田→成田移動か・・・手荷物一度受け取って交通機関で移動とかめんどくさすぎる・・・
できればどの方法も取りたくないですね。笑

次にスターアライアンスでの特典航空券で行けないかも検索してみました。

まず、台湾経由でって思ったんですが、エバー航空の便の選択はできるものの、ご指定の旅程はご利用いただけませんとエラーになります。
ソウル経由だとアシアナ航空でエコノミーで行けそうですが、エコノミーかぁ・・・

那覇⇔成田便が塞がれたことにより沖縄発のニューヨーク旅行がかなり面倒なことになりました。
便が再開されるのを待つのが無難に思えてきました。
早く復活してくれることを願っています!

ロサンゼルス

ロサンゼルス行なら21:05 羽田発と05:00羽田着の便がありました。
これなら那覇からも行けます!

北米行くなら成田便復活まではLAですね。
しかし機材が777じゃないので、ビジネスの席もTHE Roomではないんです・・・
残念な点ではありますが、これは全然許容範囲内ですよね

ハワイ

ハワイイメージ

どうせハワイ行くならA380のフライングホヌに乗りたいですよね!
検索してみると、やっぱりフライングホヌが就航しているのは成田でした・・・

ホヌはあきらめて、羽田発を探すことにします。

那覇から当日中の乗継ぎ可能な便がありました!
往路は21:55 羽田発、復路17:25羽田着

でもフライングホヌじゃない。
これも成田便が復活したらいずれ・・・

バンコク

バンコク行きの羽田便は下記3つです。
シンガポール航空はグレーアウトされていたので、今のところ就航復活の予定はないのかもしれません。

00:05 羽田発 → 04:35バンコク着
00:55 羽田発 → 05:25バンコク着
10:50 羽田発 → 15:30バンコク着

最後の一つは、那覇→羽田の一番早い便でも10:20に羽田着のため選べないようです。

復路便も時間的に大丈夫そうです。

21:35バンコク発 → 05:50羽田着
10:05バンコク発 → 18:30羽田着

この2つなら当日乗継で沖縄に帰ってこれそう。

シンガポール

シンガポールイメージ

こちらもシンガポール航空はグレーアウトされていました。

特典航空券で選べる羽田発は2本

00:40羽田発 → 06:40シンガポール
11:05羽田発 → 17:15シンガポール

11:05羽田発の方は、乗継時間が短くて選択できず。

復路便で乗継間に合うのは1便でした。

22:10シンガポール → 06:30羽田

シンガポールも候補に入ってきますね。

でも、那覇から行くなら羽田へ北上せずに、台湾か香港あたり経由で移動時間少しでも減らしたいのが本音。
コロナ禍以前は選択肢にあったのでしょうか。

まとめ

沖縄に越してきてから、コロナ前にニューヨーク行きをキャンセルして以来、国際線のことは全く調べていませんでした。

那覇発だと成田行がないだけで、行ける国がだいぶ絞られてしまいます。
あと那覇からのアジア乗継が来年の便でもまだ選べないですね。
那覇空港の国際線は6月から受入再開だからまだまだ未定なのでしょう。

スターアライアンスの他航空会社の便も同様でほとんど表示されませんでした。
これから徐々にもどっていくのでしょうか。

ちなみに私は本日ロサンゼルス便を取りました。
なぜなら明日(2022/06/01)から燃油サーチャージが引き上げになるためです。
慌てて交換ました。
もしフライトまでに燃油サーチャージが下がった場合、予約の変更で新しい燃油サーチャージが適用されるとANAのサイトに記載があります。
国内線乗り継ぎ便を変更するだけで適用されるらしいので、その場合は試してみますね。

燃料サーチャージ変更

まだまだコロナで渡航が難しい国もあったり、燃料サーチャージが値上がったり、海外旅行に行きづらい日々が続いています。

早くコロナ禍以前のように旅行できる日がくるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました