イオンカード、ゴールドカードへの道のり

クレジットカード ポイ活、お得

はいさい

今回はイオンやマックスバリューなどで、身近にお得に使えるイオンカードの話です。

というのも先月ゴールドカードへのインビテーションの基準が変更されたためです。

イオンカードはそもそもゴールドカードを直接新規で申し込むことができません。

一般のイオンカードの利用が一定の基準を満たした時に、申し込みの案内が送られてきます。
この一定の基準が、年間50万円に変更されたのです!

公式サイトの表記も下記に切り替わっていました。

「イオンゴールドカードは、年間カードショッピング
50万円以上の方に発行しております。」

50万であれば日常の利用だけでも、気軽に達成できそうですよね。

通常のイオンカードを保有していたら、優待価格で買い物ができる期間があります。
最寄りのスーパーがマックスバリューなのでこれは是非とも持っておきたい。

しかもイオンゴールドカードは年会費無料です。
一般カードと同じ無料ならゴールドにしておきたいですよね。

イオンゴールドカードの特典

イオンゴールドカードになると下記の特典があります。
一般的なゴールドカードと比べ目立ったものはありませんが、無料で受けれるのであれば十分な内容です。
イオンラウンジ使ってみたいですよね!

ショッピングセーフティ保険

イオンゴールドカードで購入した商品が偶然の事故により損害を被った場合、年間300万円まで補償してくれます。

旅行傷害保険

利用付帯ですが、無料カードの割には補償金額が高めですね。

全国のイオンラウンジが使える

イオンのラウンジが使え、買い物の合間にドリンクを飲んだりと休憩できるようです。

国内の主要空港ラウンジが使える

こちらは大体のゴールドカードについていますね。





年間50万円利用を達成するために

なんとイオンカードの積立投資がショッピング利用扱いのため、50万のカウントになるとのことです。

そのサービスが、WealthNavi for AEON CARDという名前です。
ややこしいんですがWealthNavi for イオン銀行という、イオン銀行と提携のサービスとは別になるようです。

毎月5万までカードで積立可能なので、これだけでも1年待たずにゴールドカードの条件達成ですね。
しかも200円に1ポイントWAON POINTも貯まります。

ただしこのWealthNaviでのクレカ積立、自身で投資信託を選んで積立ではなく、おまかせ運用となるため注意が必要です。
商品は選べないが、リスク許容度を1~5の5段階で設定できるとのこと。

あと、手数料が預かり資産の1%発生するとのことなので、長期運用するには高い気もします。

筆者は他に2枚ゴールドカード修行中のため、申し込んでみました。
50万修行の間は、数ヶ月間使ってみようと思います。

ゴールドカードを目指すための注意点

イオンゴールドカード

ゴールドカード目的で発行する、もしくはいずれゴールドカードにできたらいいなと思っている方は、発行する一般カード選びが重要です。

なぜなら全ての券種にゴールドカードがあるわけではないからです。

  • イオンカード
  • イオンカード(WAON一体型)
  • イオンカード(WAON一体型/ミッキーマウスデザイン)
  • イオンカード(WAON一体型/トイ・ストーリーデザイン)
  • イオンカードセレクト
  • イオンカードセレクト(ミッキーマウスデザイン)
  • イオンカードセレクト(トイ・ストーリーデザイン)

これらのカードのみとなるので注意してください。
デザインによって国際ブランドも決まってきます。

筆者はミッキーマウスデザインのイオンカードにしました。
ゴールドのデザインが可愛いんですよね。
JCBしか選べなかったけど、イオンカードは海外に持っていかないだろうからいいかなと、、笑








タイトルとURLをコピーしました