意外と多い!?引越しによる住所変更手続き

引越し マンション購入談

はいさい!

今日は住所変更手続の話です。
引越しすると、必ずやってくる面倒作業。

思ったより多くて、忘れていたりするサービスもあるので確認してみてください。
筆者も手続し忘れているものがあるとお思うので、その時は追記していきます。

ほとんどWEB上から完結できるので、TV観ながらでもダラダラやっていきましょうw

郵便局の転居転送サービス

まずはこれは必ず申し込みましょう。

届出日から1年間、郵便物を転送してくれます。
もし転送で届いたらそのサービスの住所変更していきましょう。

クロネコヤマトも宅急便の転送サービスやってるので、ネットショッピングすることの多い方には便利ですね。

免許証、マイナンバーカード

さすがにこれは忘れちゃだめです!

身分証なので真っ先に変更しましょう。

マイナンバーカードは住民票移す際に一緒に変更できます。

各種保険

医療保険や生命保険
自動車保険
損害保険など

証券口座

SBI証券や楽天証券などの証券会社ですね。

本人確認が再度あるので面倒です、、
住所変更後のマイナンバーカードがあれば多少手間が省けます。

筆者は12口座もあって、数日に分けて変更しました、、

クレジットカード

三井住友カードや楽天カードなどですね

持っているだけ全部って訳ではなく、発行会社が同じであればまとめて変更依頼かけれるカードもあります。

それでも筆者は6社の申請しました、、

銀行口座

都市銀行や地銀、ネット銀行などしっかり変更申請しておきましょう。

こちらも6社、、いくつか解約しておいてよかったw

車庫証明書と車検証

忘れがちですが、変更が必要です。

警察署に申請と受取で2回訪れなければならないのと、運輸支局の手続きが面倒でした、、

車庫証明書の取得費用で3,000円弱、車検証の変更登録手数料で350円がかかります。

警察署は免許証の住所変更と一緒にやると手間が省けますね!

あと、所轄の陸運支局が変わる場合はナンバープレートの変更も必要になるので注意。

携帯キャリア

お持ちのキャリアそれぞれの変更手続きが必要です。

その他

JAF

Apple ID

航空会社 ANAやJALなど

ショッピングサイト 楽天、Amazon、Nike、一休などたくさん

共通ポイント dアカウント、Tポイント、リクルートIDなど

プリペイドカード Kyash、Revolute、B43など

電子マネー電子決済 Suica、nanaco、エアウォレット、PayPayなど

ふるさと納税 返礼品受取前やワンストップ制度利用の方

ホテルグループ マリオット、ヒルトン、IHGなど

フリマ メルカリ、ラクマなど

本人確認が必要なサービスもあり、地味に面倒です。
その他以降は、時間のある時に少しづつ変更で問題ないです。
そのサービス利用する際に変更していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました